夏休み前のお子様 無料お試しキャンペーン 開始のお知らせ

 

キッズ向けコース付き「子どもと楽しむ英語コース」が、今だけ無料で使い放題

 

6月も後半に差し掛かり、 いよいよ夏休みまであと1ヶ月。

みなさんいかがお過ごすでしょうか?

EnglishCentralサポートチームより、夏休みのお子様の英語学習に備えて、キッズ向けコース付き「子どもと楽しむ英語コース」を最大1ヶ月無料でお試しいただけるキャンペーン開始のお知らせです。

ECイメージ画像 shinichi.yamagata englishcentral.com English Central メール

button [Read more…]

Special Interview アルビレックス新潟シンガポール キャプテン 稲葉 修士選手: 好きな映画の動画で勉強して、シンガポール現地の友人もできました!

以前ブログの記事でも紹介しましたが、EnglishCentralは「アルビレックス新潟シンガポール」の選手たちの英語力向上のために、ラングリッチのアカウントを提供して勉強をして頂いています。

今回は2016年にチーム初のリーグ優勝達成に中心選手として貢献したMFの稲葉選手に、昨年1年間どのように英語を勉強されたのかや、プレー中に英語でどのようなコミュニケーションが行われているか等についてお話を伺いました。

なお、インタビューに同席して頂いた吉永監督のお話は、次回の更新でお伝えします。

OsakaToin02

左:稲葉修士選手、中央:吉永一明監督

EnglishCentral(以下、EC)

いつもラングリッチのサービスをご利用いただき、ありがとうございます。

最初から英語とは関係ない質問で恐縮ですが、やはり、お名前の「修士」さんというのは、やはりサッカーのシュートに由来しているのでしょうか?何歳ぐらいから、プロサッカー選手を目指し始めたのでしょうか?

 

稲葉

そうですね。父がサッカー好きで、名前をつけました。サッカーを始めたのは5歳のときです。幼稚園のサッカーチームに所属していました。

 

EC

昨年はチームとして初のシンガポールサッカーリーグに優勝し、史上初の4冠も達成されましたが、2016年シーズンを振り返っていかがだったでしょうか?

 

稲葉選手

昨年からシンガポールに来たが、最初の年からすべてのタイトルを取ることができたのは、自分のサッカー人生でも幸せだったと思う。チームとしても初めての優勝を、自分が試合に出続けて立ち会えたのは、すごく良いシーズンを過ごせたと思う。

 

EC

何かそこで山や谷はありましたか?

 

稲葉選手

4月から6月の半ばまでは10連勝していてチームとして一番勢いがあったが、そこから2連敗した時期が苦しかった。でもそこでチームとして崩れてしまい、タイトルを逃してしまっては後悔すると思い、みんなで立て直して谷を脱出できたのが大きかった。

 

EC

稲葉選手がアルビレックス新潟シンガポールに入団した経緯を教えてください。

 

稲葉選手

大学4年生のときは就職活動をしていたが、この1回しかない人生の中で後悔したくないと考えたときに、やっぱり好きなサッカーを続けたいと思いました。ちょうどそのときに、試合や練習を見た是永社長から来てほしいというオファーを頂いたのがきっかけです。

 

EC

シンガポールという外国でプレーをすることになって、どんな心境だったでしょうか?

 

稲葉選手

在学中から韓国、フランス・スペイン遠征など行っていたので、海外に行くこと自体には抵抗はなかったです。むしろ、シンガポールでプレーできることにワクワクしていました。

 

EC

実際にプレーをされて、どんな点でご苦労をされましたか?

 

稲葉選手

まずは、気候に慣れるのが大変でした。日本では最初から最後まで100%でプレーしても、90分持つような体づくりをしてきたが、シンガポールでは体力配分を考えるようになった。夜でも暑いので、ローカル選手でも70分以降に体力が落ちて走れなくなってきます。そこに合わせて動けるような体力配分など工夫をしています。

 

EC

アルビレックス新潟シンガポールは日本人だけで戦っていますが、相手選手とのコミュニケーションはあるのですか?

 

稲葉選手

試合が終わった後に、握手したり会話したりとかありますね。顔見知りになって、「あのプレーどうだった?」とかのコミュニケーションはあります。

 

EC

ラングリッチで1年学習をされたということですが、試合や練習の合間にどのようにして勉強をされていますか?

 

稲葉選手

いつも午前中で練習が終わるので、いかに時間を確保するかというよりも、空いた時間をどのように使うかで選手だけでなく人間としてのスキルや質が変わってくるので、その中で有効活用するという感じでした。

 

EC

毎日決まった時間にやるようにしていたとか、何か自分なりの工夫みたいなものはありましたか?

 

稲葉選手

漫然と学習するのではなく、この週はインプットの週、次の週はラングリッチでアウトプットの週と言うように決めて、集中して行っていました。

 

EC

練習終了後の時間は、どんなことをされているのですか?

 

稲葉選手

プールで泳いだりする以外は、基本的にずっと英語の勉強をしていました。ラングリッチ以外でも、動画配信サイトで映画を、英語音声・英語字幕にして出てきた単語を書き留めておき、映画終了後に調べたりしていました。シンガポールに来た当初は、本当に何もわからなかったので、文法を基礎から勉強したりもしました。

 

EC

入団される前と現在では、英語力についてどのような変化を感じますか?

 

稲葉選手

英語力はだいぶ上がったと思います。入団前は英語力が無いに等しかったが、いまは日常会話くらいなら問題ないです。映画を見ていても内容がわかってくるようになったし、シンガポール人の友達と遊びに行ってもコミュニケーションを取れるようになりました。

 

EC

ちなみに、どうやってシンガポールのお友達を作られたのですか?

稲葉選手

同期のシンガポール人チームマネージャーと一緒に外に出ると、彼が彼の友人を連れてきたりするので、そういった紹介で友達になりました。

 

EC

何かお勧めの学習方法はありますか?

 

稲葉選手

僕は映画を見るのが好きだったから、映画で学習をするというのが自分にはマッチしたと思います。やはり、興味のあることをしないと続かないと思います。

 

EC

逆に気を付けた方が良い点などありましたら、教えて頂けますか?

 

稲葉選手

学習方法をウェブなどで調べてみると、「とりあえず喋ることが大事」とか書かれていますが、何を言って良いかも何を言っているかもわからない状況で、ほとんど何もできないまま一ヶ月が過ぎてしまった。何を始めるにしても基礎が大切なので、単語や文法などしっかりインプットから始めることが重要だと思いました。

 

EC

ちなみに、試合中って選手たちはどんなことを話しているのでしょう?よく使われる表現などあれば、教えて頂けますでしょうか?

 

稲葉選手

ボールが出たときに “Ours” “Mine”というのはよく聞きます。

相手のローカルチームからは、ここ一番というところで”Focus”、という掛け声もよく聞きます。“Come on guys!”のような声もよく聞きますね。

その他、ボールをフリーで受けたとき、「前を向け」という意味の”Turn”とか、パスを受けた選手がフリーであることを知らせるために、「時間があるよ」、「相手が来ていないよ」という意味で”Time”という言葉も使います。そういう場合、日本では”Free”というところですが。

逆に、ボールを受ける選手にマークがついているときに、他の国では”Man On”という表現がよく使われるが、シンガポールではあまり使われていないですね。

 

EC

今後の夢やチャレンジしたいことなどあれば、教えて頂けますか?

稲葉選手

このチームがゴールじゃないと思っているので、もっともっと高いレベルでプレーしたいと思っています。海外で外国人助っ人枠として、もっと高いレベルでプレーするのが目標です。

 

EC

夢に向かってチャレンジしている子供たちに、何かメッセージがありましたらお願いします。

稲葉選手

常に目標をもって、努力し続ければ夢は叶うと思うので、がんばってください。

 

EC

本日は色々とお話を聞かせて頂き、ありがとうございました。今シーズンも連覇を目指して、頑張ってください。

inaba1

プロフィール
稲葉 修土(いなば しゅうと)
□ ポジション: MF
□ 背番号: 6
□ 生年月日: 1993年6月29日
□ 身長/体重: 172cm / 66kg
□ 出身地: 大阪府
□ 経歴: ひじりSC → 大阪セントラル → 立正大学淞南高等学校 → 福岡大学

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

アルビレックス新潟シンガポールとは

2004年からSLeague(シンガポールプロサッカーリーグ)に参戦、若手選手を中心とした日本人選手だけが在籍しているプロサッカークラブ。シンガポールサッカーの発展に貢献すると共に選手の国際経験の充実化を図ることを目指している。総合型スポーツクラブとして、マレーシア、ミャンマー、スペインへもサッカーを中心としたスポーツ事業を展開。

http://www.albirex.com.sg/ja/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

EnglishCentralとアルビレックス新潟シンガポールが 海外にチャレンジする次世代を支援するスポンサー契約に合意

オンライン英語学習サイト『EnglishCentral』を提供する株式会社EnglishCentral(本社:米国マサチューセッツ州、日本法人代表取締役社長: 松村 弘典、以下、イングリッシュセントラル)は、本日、海外を拠点とする唯一の日本のプロスポーツチームであるアルビレックス新潟シンガポール(所在地:シンガポール、代表:是永大輔、以下 アルビレックス新潟S)への年間スポンサー契約を締結いたしました。スポンサー契約の開始日は2017年2月1日で、両社はアルビレックス新潟シンガポールの所属するシンガポールプロサッカーリーグ「S.League」での公式戦および関連イベントを通じて、海外にチャレンジをしたいと考えている次世代を担う日本人を支援する活動に貢献してまいります。

2014年2月より3シーズンに渡りアルビレックス新潟Sのスポンサーを務めてきたオンライン英会話の「ラングリッチ」を買収したイングリッシュセントラルは、海外へとチャレンジする人たちのテストケースとなりたいというアルビレックス新潟Sのチーム設立理念に賛同し、2017年2月に開幕予定の新シーズンにおけるスポンサー契約の更新を行いました。本契約により、アルビレックス新潟Sはイングリッシュセントラルのロゴがプリントされたユニフォームで、2017年SLeague公式戦の連覇*を目指して戦います。また選手の英語コミュニケーション力強化を目的として、オンライン英会話サービス『ラングリッチ』のリッチプラン・アカウントがアルビレックス新潟Sの選手およびスタッフに提供されるほか、同サッカースクールに所属するすべての少年・少女を対象にオンライン英語学習サイト『EnglishCentral』のアカウントが提供されます。この他にも、ジュロンイーストスタジアムやジャランベサルスタジアムで開催されるSLeague公式戦、各種チームイベント、ホームページ上で海外との交流を促進する活動を展開していく予定です。

*2016年シーズンにおいてアルビレックス新潟Sは、SLeague創設以来史上初となる「コミュニティシールド」、「リーグカップ」、「SLeagueリーグ戦」、「シンガポールカップ」の4冠を達成

イングリッシュセントラルとアルビレックスSは、言語や文化の違いを超えてグローバルに羽ばたく人材を支援するために、2017年は様々な活動を展開してまいります。

■2016年シーズンで『ラングリッチ』を活用した(MF)稲葉修土選手のコメント
もともと英語は全く話せなかったのですが、このラングリッチの実践的なプログラムを進めていくうちに、試合中に相手選手が言っていることがわかるようになってきたし、審判とのコミュニケーションもスムーズになってきたのを実感します。今年もラングリッチ様、EnglishCentral様のサービスを利用することで、昨年に続きSLeagueの4冠達成を目指して戦います。

inaba1

inaba2

選手プロフィール

稲葉 修土(いなば しゅうと)

□ ポジション: MF

□ 背番号: 6

□ 生年月日: 1993年6月29日

□ 身長/体重: 172cm / 66kg

□ 出身地: 大阪府

□ 経歴: ひじりSC → 大阪セントラル → 立正大学淞南高等学校 → 福岡大学

イングリッシュセントラルについて

『EnglishCentral』は、英語学習の基本である「聞く」「読む」「話す」が効果的に学習できるよう、教育学、脳科学、音声科学など最先端の研究をもとにGoogle社の投資子会社であるGoogle Ventures社の投資を受けて、アメリカで開発されたサービスです。1万本を超える動画コンテンツとオンライン英会話を組み合わせた数少ない総合英語学習サービスで、グーグルのグループ会社として培った技術と音声認識テクノロジーによる発音診断により日本人が苦手意識を持つ発音練習を効果的に行うことができます。日本国内では、現在200以上の大学で利用されており、ユーザー数は世界中で200万人以上。2017年から高校検定教科書デジタル教材としても日本全国で利用が開始されます。

パソコン版

http://ja.englishcentral.com

iPhone版

https://itunes.apple.com/jp/app/english-central/id927987414

Android版 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.englishcentral.android.app&hl=ja

アルビレックス新潟シンガポールついて

2004年からSLeague(シンガポールプロサッカーリーグ)に参戦、若手選手を中心とした日本人選手だけが在籍しているプロサッカークラブ。シンガポールサッカーの発展に貢献すると共に選手の国際経験の充実化を図ることを目指している。総合型スポーツクラブとして、マレーシア、ミャンマー、スペインへもサッカーを中心としたスポーツ事業を展開。

http://www.albirex.com.sg/ja/

 

本リリースに関するお問い合わせ

株式会社EnglishCentral

広報担当 山縣

東京都台東区花川戸1-2-10 ハヤカワビル4F

TEL: 050-3802-3236

高市総務大臣、公立小学校でデジタル機器による授業を視察

 「英語もプログラミングも楽しく学ぶ」小学生
〜先生やクラスのみんなと一緒、一人ひとりに寄り添う授業〜
高市総務大臣が、総務省が推進するICT(情報通信技術)を使った英語・プログラミング教育の現場として、小金井市立前原小学校(東京)を視察。生徒と一緒にタブレット端末を使って株式会社EnglishCentralの小学校向け教材を用いた英語授業に参加しました。

9月23日(金)、小金井市立前原小学校(東京都 小金井市、松田孝校長)を高市早苗総務大臣が訪問しました。タブレット端末とよばれるデジタル機器を使った授業の視察です。

 

小金井市立前原小学校は、生徒の意欲を高めるために新しい技術や手法を用いた授業を積極的に取り入れています。今回は英語とプログラミング学習の様子を高市早苗総務大臣に視察していただきました。

前原小学校で行われた英語の授業では、株式会社EnglishCentral (本社:東京都台東区 代表取締役社長:松村 弘典)が提供するオンラインサービス『EnglishCentral(読み:イングリッシュセントラル)』の「キッズ向け」コンテンツと、文科省小学生向けテキスト「Hi Friends!」に準拠したコンテンツが使われました。

高市早苗総務大臣からは以下のお言葉をいただきました。
「英語教育も発音も含めてしっかり採点ができて、また児童のみなさんの状況を先生が一覧で見られるということは、個別指導していく上で大変いいなと思いました」
高市大臣の総務省でも、こうした情報処理端末を使った学習を推進しています*。

大臣は、 松田孝校長から前原小学校におけるデジタル機器を利用した取り組みについて説明を受けたあと、子供たちの隣に座り授業に参加しました。自分でタブレット端末を操作して発音などを練習する子供たちが流ちょうな英語を話せることに感嘆の声をあげていました。
*総務省では、教育分野におけるICT(情報通信技術)の利活用を促進するため、「フューチャースクール推進事業」に取り組んでいます。詳しくは総務省ホームページをご覧下さい。http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/

『EnglishCentral』は、英語学習の基本である「聞く」「読む」「話す」が効果的に学習できるよう、教育学、脳科学、音声科学など最先端の研究をもとにGoogle社の投資子会社であるGoogle Ventures社の投資を受けて、アメリカで開発されたサービスです。

短いビデオを見てから自分の声を録音し、自分の発音・ネイティブの発音の違いを耳だけでなく目からも比較します。独自開発の発音評価システムの利用により、生徒がまるでゲームに参加しているように、意欲を持って学習に取り組むことができます。

動画のフレーズやネイティブの発音辞典を何度も聞き返しながらタイピングすることにより、英単語を耳と目(つづり)を同時に使って覚えることが可能です。
代表取締役社長の松村 弘典は以下のように述べています。

「このたび、小金井市立前原小学校のみなさんに、世界で20万人に愛される『EnglishCentral』を使っていただけることを、本当に嬉しく思っています。

総務省は、教育情報化の推進として “フューチャースクール”、”先導的教育システム” など、小・中学生が興味を持って学習できる環境づくりを推進しています。あまねく日本中の学校で学ぶ一人ひとりに向けて、心やさしい指導から世界トップレベル教育の機会までを提供できればとこれほど嬉しいことはありません」

EnglishCentralは、今後も学習者と教育現場の先生がたに、世界に踏み出すお手伝いをしてまいります。

以上

【資料】
*文部科学省ホームページ(初等中等教育局) 教科指導におけるICT活用の考え方
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/056/shiryo/attach/1249668.htm
*東京都 小金井市立前原小学校
http://www.koganei.ed.jp/~maehaes/principal/principal.cgi

*EnglishCentralとは
パソコン版          http://ja.englishcentral.com
スマートフォン版     「EnglishCentral」でストアを検索すると無料ダウンロードできます。

 

EnglishCentralは1万本を超える動画コンテンツとオンライン英会話を組み合わせた総合英語学習サービスです。グーグルのグループ会社として培った技術と音声認識テクノロジーによる発音診断で日本人が苦手意識を持つ発音もしっかり伸ばせます。
200以上の国内大学で利用されており、ユーザー数は世界中で200万人以上。2017年から高校検定教科書デジタル教材としても日本全国で利用が開始されます。

*日本放送協会主催日本賞入選、第12回日本e-Learning大賞総務大臣賞を受賞しました。
*メディア掲載はこちらをご覧ください URL: https://blog.ja.englishcentral.com/media/

学習応援キャンペーン実施中!アプリをダウンロードしてプレゼントをゲットしよう!

ただいま英語学習アプリ「えいぽんたん」にて、EnglishCentralアプリのダウンロードキャンペーンを実施中です!
EnglishCentralアプリをダウンロードすると、えいぽんたんから素敵なプレゼントが貰えるようになっています。


ja-mobile-engagement-1


■キャンペーン概要
EnglishCentralアプリのユーザーIDを、えいぽんたん内にあるエントリーフォームから送っていただいた方に、
えいぽんたん内で使用できる素敵なアイテムをプレゼント!


■開催期間
6/2 12:00~6/16 24:00


■応募条件
期間終了までにEnglishCentralアプリをインストールして、えいぽんたん内のエントリーフォームからユーザーIDを送っていただいた方。


■プレゼント配布タイミング
キャンペーン期間終了後に、えいぽんたん内にて順次配布される予定です。


■EnglishCentralのユーザーID確認方法
1. EnglishCenralのアプリをインストールし、ログインします。
2. Top画面右下の「設定」ボタンをおしてください。
3. 「アカウント」欄のユーザーIDというところにある最大6桁の英数字がユーザーIDになります。


■EnglishCentralアプリダウンロードはこちらから

日本では伝統と現代が上手く共存している?

“When in Rome, do what the Romans do”

「郷に入っては郷に従え」

 

とはよく耳にする言葉ですが果たして、 今の日本ではどの様に解釈すれば良いのでしょう?

以前海外の友人から「日本では伝統とが上手く共存していると聞きました。

ここEnglish Central オフィスがある東京都台東区には浅草寺という歴史のあるお寺があります。その歴史は14前年近くまで遡り、現在では東京都内最古の寺として、「浅草観音」等と人々に親しまれています。そんな浅草寺の直ぐ近くには、隅田川を挟み対角には、世界一高い電波塔である東京スカイツリーがそびえ立ちます。

 

今回紹介するビデオは、この様にまさに『日本の伝統と現代の調和』が眼で見て感じられるはずです!

 

浅草寺と東京スカイツリーを繋ぐように架かる橋、その上を走るRickshaw(人力車)に乗る外国人観光客は何を感じているのだろう?

あなたは今の日本をどう解釈しますか?

 

 

http://ja.englishcentral.com/video/24737

http://ja.englishcentral.com/video/24736

Featured video: our world in 2030

Our world in 2030

You’ve probably seen movies like The Day After Tomorrow, 2012 and plenty of other catastrophic movies.  You’ve seen our dear earth destroyed again and again in different future time frames, and not to mention in different ways.

But honestly, what will happen in the future?

Space colonies that’re light years from earth, robot doctors with freaking real human look, or flying cars that are dominating the sky?

Maybe we are not there yet, though they definitely will make some popular topics.

Setting the future technology aside, scientists have nonetheless predicted that our world will change more in the next 20 years compared to all of human’s history: our lifestyle will change. Skyscrapers will replace trees that once dared to reach the sky. Most of us will live in cities and lead a sedentary life. We could become couch potatoes rooted in our home or office and stay there until we rot.

Fortunately, all these are just predictions. We can still mould our future.

Are we ready for this battle?

LとRの違いまでわかる!発音のリアルタイム採点を使って苦手な英語発音を克服 − 言語習得教授法がつまったスマホ学習アプリで「生きた、本物の」英語を学習

プレスリリース本文(PDF)

EnglishCentralについて(PDF)

イングリッシュセントラル(本社: 東京都台東区、代表取締役: 松村 弘典)は、オンライン英語学習サイト『EnglishCentral』のスマホ版アプリに、これまでお客様からのご要望がとても高かった発音記号単位でのリアルタイム発音採点機能を追加しました。


EnglishCentral20150430

[Read more…]

schoo(スクー)とイングリッシュセントラル、オンライン学習サービス同士のコンテンツ連携 【授業から復習までインタラクティブなTOEIC対策コースを新設】

プレスリリース本文(PDF)

EnglishCentralについて(PDF)

このたび、オンライン学習サイトschoo(スクー) WEB-campusにおけるTOEIC対策コースの新設にあたり、世界200カ国100万人以上のユーザー数を誇る英語学習サイトを運営するイングリッシュセントラル(本社: 東京都台東区、代表取締役: 松村 弘典)の英語学習動画コンテンツがメインの教材として選ばれました。生放送で開講されるスクーの授業から、イングリッシュセントラルのサイトを活用した復習まで、オンライン学習サービス同士の連携にふさわしいインタラクティブな仕組みが随所に用意されています。

コースの概要

https-::s3-ap-northeast-1.amazonaws.com:i.schoo:images:class:600x260:2166

(画像:TOEIC対策コースのイメージ)

 

コース名:目指せTOEICリスニング満点!ビジネス会話で3ヶ月シャドーイング

講師:「英語学習コーチ」谷口恵子(タニケイ) 氏

期間:4月2日(木)から6月18日(木)まで週1回

費用:無料

URL:https://schoo.jp/course/180

※ 授業を受講いただくには、スクーの会員登録(無料)が必要です

[Read more…]

Go hunt your future job! … in one day!

大学生の就活シーズンも本格的に始まり、EnglishCentral のインターンの方々もリクルートスーツを着て毎日セミナーや面接など忙しそうです。この日本の就活の波にもまれながら、その波を楽しんで目標を見つけて、見事意中の企業で仕事を得られる学生インターンたちがEnglishCentral には多いのですが、毎年この就活超人たちには驚かされます。

そんな就活超人たちはともかく、ある程度英語ができて、日本の就活の波に乗りきれていない方々へ一つ、就活がわずか1日で終わるイベントを一つご紹介しましょう。 [Read more…]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。