仲間とのハグの仕方:8月9日は「ハグの日」だそうです。

タイトルにも記載した通り、今日8月9日はハグの日だそうです。

そんなものは初めて聞いたし、だいたいハグなんて人生で一度もという方も多いでしょう。

私も同感ですが、今日は「ハグの日」だよと改めて言われると、なんか気になってきてしまいます。

 

そこで早速EnglishCentralの動画を検索したところ、トップで出てきた動画が「仲間とのハグ」。ブルース・ウィルスも気になるところですが、「ぎこちない握手をやめ、できる限り男らしく友人をハグする方法を学びましょう」という動画説明文。

bloghug0001

THE ONLY WAY TO HUG A BRO. [Read more…]

イングリッシュセントラルでのインターンシップの一環として、ビデオを作りました!!

こんにちは。私は関西学院大学に通っている商学部生です。今回は、CCC(Cross-Cultural College)という私の大学とカナダの3大学(トロント大学、マウント・アリソン大学、クイーンズ大学)が提携して行っているプログラムの中の一つである”Global Internship in Japan”の一環として、イングリッシュセントラルでインターンシップを行いました。インターンシップの期間は八日間で、クイーンズ大学に通う中国人学生とペアを組み、協力し合って取り組みました。

 

ビデオ制作について


最初の2、3日でどんな動画を撮るか決め、撮影し、編集を行いました。今まで一度もビデオの編集をしたことがなかったので、私にとって新しいチャレンジでした。正直のところ、同じインターンシップ・プログラムに前回参加した方のビデオがとても素晴らしくて、このビデオを作り終える自信がありませんでした。しかし、パートナーと協力しあって、撮影し、編集したので、楽しみながら動画を作ることができました。

 

海外にいるチームと協力

撮ったビデオをフィリピンに入るチームと協力して、イングリッシュセントラル用のビデオにしました。方法は、Skypeを通して英語でコミュニケーションをとります。予定していた日が彼らの祝日だと言われ、予定通りにはいかないとなった時はとても驚きました。しかし、私たちのスーパーバイザーがチームと交渉してくださり、ビデオを完成することができました。

 

実際に作戦を練って動画を広める

スクリーンショット 2016-08-25 午後4.03.38

お好み焼きは皆さんご存知だと思います。お好み焼きで、観光客や地元の人にもとても人気のあるお店が東京の浅草にあると、中国人の友達に教えてもらった大阪出身の私は驚きました。「東京でお好み焼き?」なぜなら、お好み焼き=大阪というイメージが私にとって強かったからです。

スクリーンショット 2016-08-25 午後4.02.44

私たちが訪れたお店は「染太郎」という名前で、English Centralのオフィスがある浅草の浅草寺の近くに位置しています。なんと、このお店は日本で最古のお好み焼き屋さんと言われているのです。

このビデオでは、そのお店へ向かう途中で浅草寺の前も通るので、その場所で買うことができるユニークなお土産も紹介しています。

日本食と日本の和のスタイル、そしてお店の歴史を直接体験できる場所は、ここしかないと言えるくらい、日本人の私にとっても素晴らしいお店でした。ぜひチェックしてみてください。

東京でお好み焼き!?(パート1)
東京でお好み焼き!?(パート2)

 

最後に

IMG_3661

カナダの大学に通う中国人の学生とペアを組んでこのインターンシップ・プログラムに参加しました。たくさん大変なことはありましたが、彼女がいなければこのインターンシップを無事に終えることはできませんでした。また、有効的なプレゼンの仕方などのアドバイスを、代表取締役社長の松村さんから直接いただけた事はとても光栄でした。さらに、CEOのアラン・シュワルツさんにお会いし、ミーテングにも参加させていただき、とても貴重な経験ができました。8日間という限られた期間でしたが、毎日が驚きで、たくさん将来に役立つことを学ぶ事ができ、参加できてとても良かったと思います。このプロジェクトを支え、私たちを助けてくださったスーパーバイザーの横井さんにとても感謝しています。ありがとうございました。

Hobbit の言葉

(この記事は、EnglishCentral 英語版ブログに寄稿している James Alvis Carpenter さんの記事を、日本語版ブログのライター Ryoichi さんが日本語に翻訳したものです。)

JRR Tolkien (以下、トールキン) の本「The Lord of the Rings」は、近年のカルチャーに大きな影響を与えました。

ファンタジーの分野全体が、彼が創りだした世界の恩恵を大きく受けています。ハリーポッターシリーズからビデオゲームのドラゴンクエストまで、有名な物語はトールキンの作品の影響を受けてきました。

「The Hobbit」は、トールキンが最初に出版した本です。「The Lord of the Rings」に比べて薄い本で、ビルボ・バギンズという名の Hobbit の冒険に焦点を当てています。さて、Hobbit とは何か分かりますか?私が 7 歳の時、父は私に「The Hobbit」を読んでくれました。Hobbit は子供くらいの大きさの小人ですが、大きなことを成し遂げるのです。私は子供ながらに、このキャラクターに魅力を感じました。 [Read more…]

リアルで笑えるオフィスの会話

2015 年 2 月 27 日、TOEIC の運営団体である IIBC は、年 10 回ある TOEIC 公開テストのうち、第 198 回 (試験日:3 月 15 日) の受験申込者が 20 万人を超え、単回の受験申込者が過去最多となりましたことを発表しました

IIBC の Web サイトを見てみると、職業別では全体の約 34.5 %が「会社員・会社役員」となっており、受験理由では、約 30 %が勤務先での評価、出張、業務上などで必要だからとなっています。単純計算で、約 6 万人の方がビジネス上の必要性で TOEIC を受験したことになります。 [Read more…]

Life is More Than About the Money

少し前、「年収が 75,000 ドルまでは年収が上がるほど日々の幸福感が上昇するが、年収が 75,000 ドルを超えても日々の幸福感は上昇しなくなる」 という調査結果が発表され話題になりました。これは、プリンストン大学の経済学者 Angus Deaton と 2002 年にノーベル経済学賞を受賞した心理学者 Daniel Kahneman が、2008 年から 2009 年にかけて 45 万人のアメリカ人に対して行った調査の結果です。 [Read more…]

インターネットスラング

“Can we use our meeting room reservation system via iPhone?”

会社の会議室予約システムを iPhone 経由で使えるかどうか分からなかったので、社内のメーリングリストで聞いてみました。するとラッキーなことにコメントがありました。

“Hi! AFAIK, it’s possible.”

さて、ここで、 AFAIK とは何のことでしょうか?英語のメールに慣れている方ならご存じかもしれません、これは As far as I know (私の知っている限りでは) の略語です。

英語の電子メール、チャット、SNS (Social Networking Service) の文章では、AFAIK のような略語が頻繁に使われます。例えば、次のような略語を見たことがある人は多いのではないでしょうか? [Read more…]

働きがいのある会社

2015 年 2 月 13 日、Great Place to Work Institute Japan は『2015 年版「働きがいのある会社」ランキング』を発表しました。これは、社員の働きがいという観点から会社を評価したランキングです。米国で誕生した「Grate Place to Work」が発祥で、1998 年に米国 Grate Plate to Work Institute が行った調査が経済誌フォーチューンに発表されたことがはじまりとなっています。 [Read more…]

TOEIC SWのスピーキングテストの練習はEnglishCentralのコースで!

TOEIC SW (スピーキング・ライティング) テストを受けたことはありますか?

TOEIC SWテストは日本では2007年に始まったテストで、スピーキングテストとライティングテストを会場のパソコンを使って受験するものです。 [Read more…]

決まり文句は動画で覚えよう!

“How did you do on that exam?”
“I got an A! The exam was a piece of cake! “

2 つめの文の最後にある a piece of cake の意味は……ご存じの方も多いですかね、「簡単」という意味です。日本語で言えば、「朝飯前」「お茶の子さいさい」みたいな感じです。日本語に慣用句やことわざがあるのと同じように、英語の世界にも様々な決まり文句 (idiom) があります。 [Read more…]

Starbucks Lovers

2000 年以前のお話。私はアメリカのロサンゼルス郊外に滞在していました。その前に行ったグアム島旅行をカウントしなければ、それが初めてのアメリカでした。その生活は驚きの連続で、大変だった一方、アメリカらしさを目一杯満喫していました。

その一つが、STARBUCKS COFFEE でのコーヒータイムです。銀座には 1 号店が既に出店した後だったらしいのですが、当時、私はこのコーヒー店を日本で見たことはなく、「アメリカにはなんてお洒落で開放的なカフェがあるんだろう!」と心躍らせてカプチーノと青い空を楽しんでいました。日本にもこんなカフェがあったら最高なのにと思っていたら、その後、都市部を中心に日本国内でも次々と出店し、2013 年には日本全国で 1000 店舗を達成。2015 年には 47 都道府県で唯一スターバックスが無かった鳥取県にも出店することとなり、人気のコーヒー店としての地位を不動のものにしている印象です。 [Read more…]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。