Teacher’s Voice 2.3. 明星大学 内田 富男先生:EnglishCentralの活用方法~応用編~


全4回シリーズでお届けしている、明星大学准教授の内田 富男先生にお話を伺う企画の第3弾。今回は先生がお勧めの実践方法を紹介して頂きました。

 

EnglishCentral(以下、EC)

今回は前回少し触れて頂いたEnglishCentralの様々な使い方を教えて頂ければと思います。

内田先生(以下、敬称略)

そうですね。EnglishCentralをいろいろ使ってみると活用法の可能性は無限大ですね(笑)。そこで今回は2つだけご紹介します。speaking練習のための「アテレコごっこ」と「英語字幕速読」をご紹介します。

 

アテレコのポイントは登場人物の口元が見えること

EC

まずは「アテレコごっこ」ですが、これは映画なんかで行われる吹替と同じことなのでしょうか?

内田

はい、動画の中に出てくる各登場人物の役をそれぞれ生徒に割り振り、流れに合わせてセリフを英語で話していきます。アテレコをうまく行かせるためのポイントは、事前に生徒に相当量の音読練習をやらせることです。字幕を読んでいては置いていかれるので、セリフを完全に暗記するぐらいでないと難しい。でも、ネイティブがしゃべる速さや独特の間を体感できるのはプラスになります。

 

EC

楽しそうですね。実際にやってみていかがしたか?

内田

一種のごっこ遊びなので、盛り上がりますよ。よく教室の前でプレゼンをさせる授業があるが、それに比べて椅子に座ったままでもできます。生徒が人に見られているというプレッシャーがない中で気軽に取り組めるので効果的です。

 

EC

なるほど。そうすると、ニュース動画のように、登場人物が少ない動画では、アテレコには適していないのでしょうか?

内田

確かにニュース動画などはあまり適していない例ですが、問題は登場人物の数ではありません。大事なポイントは、話をしている人の口が映っている動画かどうかということです。多くのニュース動画では、途中でキャスターやリポーターではなく取材映像に切り替わってしまいます。登場人物の口元が大きく映っている動画が望ましいですね。

 

EC

例えば、アテレコにお勧めの動画を挙げて頂けますか?

内田

初級レベルではあまりないですが、中級以上だと、

例えば、やや長めで早口ですが、「学校を選ぶ」という動画とか、

ランチを注文する」という動画がお勧めです。

「プレゼンごっこ」をさせるなら、「根拠や説明を与える」ですね。プレゼンのdeliveryの練習にはいいでしょう。

 

EC

事前にセリフの暗記が必要となると、中学生や高校生には難しいでしょうか?

内田

動画の英文などきちんと選んで、十分に練習すれば、むしろ中学生や高校生の方が勢いで乗り切れるかもしれませんね。

for uchida blog v3_1

速読ではレベルをかなり下げた素材を選ぶ

EC

次に「英語字幕速読」ですが、これは普通にテキストを読ませる速読とは何が違うのでしょうか?

内田

速読を行う際の注意点については、一般的なテキストの音読と同じなのですが、EnglishCentralは動画があるので、色々とバリエーションを付けて速読を行うことができます。

 

EC

では、まず注意点とはどんなものでしょうか?

内田

何よりも自分の英語レベルを超えた動画を選んではいけないということです。センテンスが短く、内容も易しいものを選ぶべきです。特にEnglishCentralは動画なので、セリフに追いつけなくなって巻き戻しをしなければいけなくなります。また、字幕が消えるタイミングが遅い動画良いですね。

 

EC

EnglishCentralを使って英語が伸びた学生の意見で、速読をやってリーディングやリスニングが上がったというのがありましたね。

内田

速読をやるとリスニングが上がるという研究もあります。つまり、高速処理ができるようになるのです。なので、EnglishCentralは動画教材なので、視覚情報だけでも動画と字幕、さらに聴覚情報も入ってきており、処理能力という意味では非常に負荷が高いものです。音を消すとか、字幕の文字を消すなど、機能を小分けにして使うことで、英語の処理能力を上げる訓練をすることも有効です。

 

EC

速読に向いている動画を具体的に教えて頂けますか?

内田

例えば、「大きい、中くらい、小さい」という動画。

英文が短く、易しいので適しています。英語字幕の消えるタイミング速すぎないのが特によいですね。

次に「私の後について言ってください。

これはセリフがくりかえされるので「読み」やすいです。

ポケモンGOが私の結婚式を台無しに」も良いと思います。

初級レベルの「大きい、中くらい、小さい」は面白いわけではないですが、内容が面白いことは大事ですね。その点では、「ポケモンGOが私の結婚式を台無しに」は「ウケマス」。冒頭の牧師の定番のセリフなどは無視して、それ以降は、ほぼ速読できるでしょう。英語字幕速読は同じ動画で繰り返すのがコツです。

for uchida blog v3_2

 

 

究極的な速読としては、日本語字幕だけを表示して行う方法があります。動画と日本語字幕だけで行うので、同時通訳ごっこのようなものです。これは完全にセリフを暗記するぐらいではないと難しい。

アテレコも同じですが、配役を決めるとその役の声色とか使って盛り上がろうとする生徒が必ずいます。宿題として出すとやらないような生徒も、こういう仕掛けをすると俄然燃えるタイプです。このように、楽しみを誘因にすることも大事な方法だと思います。

 

EC

内田先生ならではの、活用方法について詳しく伺うことができて良かったです。ありがとうございました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

内田富男先生プロフィール16521977_1292395064209807_79149396_n

明星大学准教授、専門は英語教育学(特に、コーパスの教育応用と語彙習得研究)、東京外国語大学大学院博士課程、グローバル人材育成教育学会理事・事務局長、中高教員歴23年、大学教員歴10年 著書等:『日本人中高生一万人の英語コーパス JEFLL Corpus』(小学館)、『エースクラウン英和辞典 初版』(三省堂)、NHK基礎英語3テキスト(NHK出版)他多数

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。