EnglishCentralとアルビレックス新潟シンガポールが 海外にチャレンジする次世代を支援するスポンサー契約に合意


オンライン英語学習サイト『EnglishCentral』を提供する株式会社EnglishCentral(本社:米国マサチューセッツ州、日本法人代表取締役社長: 松村 弘典、以下、イングリッシュセントラル)は、本日、海外を拠点とする唯一の日本のプロスポーツチームであるアルビレックス新潟シンガポール(所在地:シンガポール、代表:是永大輔、以下 アルビレックス新潟S)への年間スポンサー契約を締結いたしました。スポンサー契約の開始日は2017年2月1日で、両社はアルビレックス新潟シンガポールの所属するシンガポールプロサッカーリーグ「S.League」での公式戦および関連イベントを通じて、海外にチャレンジをしたいと考えている次世代を担う日本人を支援する活動に貢献してまいります。

2014年2月より3シーズンに渡りアルビレックス新潟Sのスポンサーを務めてきたオンライン英会話の「ラングリッチ」を買収したイングリッシュセントラルは、海外へとチャレンジする人たちのテストケースとなりたいというアルビレックス新潟Sのチーム設立理念に賛同し、2017年2月に開幕予定の新シーズンにおけるスポンサー契約の更新を行いました。本契約により、アルビレックス新潟Sはイングリッシュセントラルのロゴがプリントされたユニフォームで、2017年SLeague公式戦の連覇*を目指して戦います。また選手の英語コミュニケーション力強化を目的として、オンライン英会話サービス『ラングリッチ』のリッチプラン・アカウントがアルビレックス新潟Sの選手およびスタッフに提供されるほか、同サッカースクールに所属するすべての少年・少女を対象にオンライン英語学習サイト『EnglishCentral』のアカウントが提供されます。この他にも、ジュロンイーストスタジアムやジャランベサルスタジアムで開催されるSLeague公式戦、各種チームイベント、ホームページ上で海外との交流を促進する活動を展開していく予定です。

*2016年シーズンにおいてアルビレックス新潟Sは、SLeague創設以来史上初となる「コミュニティシールド」、「リーグカップ」、「SLeagueリーグ戦」、「シンガポールカップ」の4冠を達成

イングリッシュセントラルとアルビレックスSは、言語や文化の違いを超えてグローバルに羽ばたく人材を支援するために、2017年は様々な活動を展開してまいります。

■2016年シーズンで『ラングリッチ』を活用した(MF)稲葉修土選手のコメント
もともと英語は全く話せなかったのですが、このラングリッチの実践的なプログラムを進めていくうちに、試合中に相手選手が言っていることがわかるようになってきたし、審判とのコミュニケーションもスムーズになってきたのを実感します。今年もラングリッチ様、EnglishCentral様のサービスを利用することで、昨年に続きSLeagueの4冠達成を目指して戦います。

inaba1

inaba2

選手プロフィール

稲葉 修土(いなば しゅうと)

□ ポジション: MF

□ 背番号: 6

□ 生年月日: 1993年6月29日

□ 身長/体重: 172cm / 66kg

□ 出身地: 大阪府

□ 経歴: ひじりSC → 大阪セントラル → 立正大学淞南高等学校 → 福岡大学

イングリッシュセントラルについて

『EnglishCentral』は、英語学習の基本である「聞く」「読む」「話す」が効果的に学習できるよう、教育学、脳科学、音声科学など最先端の研究をもとにGoogle社の投資子会社であるGoogle Ventures社の投資を受けて、アメリカで開発されたサービスです。1万本を超える動画コンテンツとオンライン英会話を組み合わせた数少ない総合英語学習サービスで、グーグルのグループ会社として培った技術と音声認識テクノロジーによる発音診断により日本人が苦手意識を持つ発音練習を効果的に行うことができます。日本国内では、現在200以上の大学で利用されており、ユーザー数は世界中で200万人以上。2017年から高校検定教科書デジタル教材としても日本全国で利用が開始されます。

パソコン版

http://ja.englishcentral.com

iPhone版

https://itunes.apple.com/jp/app/english-central/id927987414

Android版 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.englishcentral.android.app&hl=ja

アルビレックス新潟シンガポールついて

2004年からSLeague(シンガポールプロサッカーリーグ)に参戦、若手選手を中心とした日本人選手だけが在籍しているプロサッカークラブ。シンガポールサッカーの発展に貢献すると共に選手の国際経験の充実化を図ることを目指している。総合型スポーツクラブとして、マレーシア、ミャンマー、スペインへもサッカーを中心としたスポーツ事業を展開。

http://www.albirex.com.sg/ja/

 

本リリースに関するお問い合わせ

株式会社EnglishCentral

広報担当 山縣

東京都台東区花川戸1-2-10 ハヤカワビル4F

TEL: 050-3802-3236

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。