ひと月83円の「英語を話す」が身につくデジタル教材発売


デジタル教材

英語を「話す力」が求められる昨今、一番困っているのは英語力に自信のない英語教師の方々かもしれません。

この度、そんな教育現場をサポートするべく、実際に高校で使われている英語の教科書に準拠したデジタル教材を、教科書出版社大手の桐原書店と提携し、83円という超低価格で発売します。

英語でコミュニケーションができる力の必要性、需要が高まってきている中で、実際の現場では、効果的なリスニングやスピーキング指導を行える人材の不足という課題を抱えています。

また従来型の英語の授業に、本教材を組み合わせることによって、リスニング・スピーキング指導が行える人材不足という、英語教育現場の課題を解決します。文部科学省の専門家会議が2020年度にデジタル教科書を導入する案を示すなど、従来の紙の教科書と併用して使えるデジタル教材の需要が高まってきています。

その中でこの度発売されるデジタル教材では、教科書内容を電子化し、内容の音声読み上げなどはもちろん、独自の音声認識技術を用いた発音診断を活用することで、「教材のデジタル化」と「話す英語」という2つの需要に、ひと月あたり83円(税抜)という低価格で応えます。

リリースの詳細はこちら

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。