Starbucks Lovers


2000 年以前のお話。私はアメリカのロサンゼルス郊外に滞在していました。その前に行ったグアム島旅行をカウントしなければ、それが初めてのアメリカでした。その生活は驚きの連続で、大変だった一方、アメリカらしさを目一杯満喫していました。

その一つが、STARBUCKS COFFEE でのコーヒータイムです。銀座には 1 号店が既に出店した後だったらしいのですが、当時、私はこのコーヒー店を日本で見たことはなく、「アメリカにはなんてお洒落で開放的なカフェがあるんだろう!」と心躍らせてカプチーノと青い空を楽しんでいました。日本にもこんなカフェがあったら最高なのにと思っていたら、その後、都市部を中心に日本国内でも次々と出店し、2013 年には日本全国で 1000 店舗を達成。2015 年には 47 都道府県で唯一スターバックスが無かった鳥取県にも出店することとなり、人気のコーヒー店としての地位を不動のものにしている印象です。

そんなスターバックスの歴史の一端を紹介している EnglishCentral の動画がこちら。STARBUCKS は 1971 年にシアトルで開業し、その後、現在の CEO である Howard Schults の熱い想いによって、 当時 9 店舗だったチェーン店があっという間に数千の規模に拡大したのですね。

スクリーンショット 2014-10-05 18.56.11

→ 動画を見る

スクリプトを見る

ところで、皆さんはスタバに行ったら何を注文しますか?本日のコーヒー、スターバックスラテ、カプチーノ。それともデザートコーヒーでしょうか。色々迷ってしまいますが、私はカフェミストがお気に入りです。

スターバックスラテ、カプチーノ、カフェミストの違い、知っていますか?ラテは、エスプレッソコーヒーに暖めたミルクを注ぎ、フォームミルクをトッピングしたもの。カプチーノは、同じくエスプレッソコーヒーにフォームミルクを一気に注ぎ、そのきめ細かいふわふわ感を楽しめるもの。カフェミストは、ドリップコーヒーに暖めたミルクを注ぎ、フォームミルクをトッピングしたもの。つまりラテとカプチーノはエスプレッソベースなので苦みが強いのですが、カフェミストはコーヒーベースなのでマイルドなのです。コーヒーファンの皆様、見た目は似ている 3 つのメニュー、違いを楽しんでみてくださいね。他にもお好みでシロップを足したり、クリームの量を増やしたり出来るのはご存知ですよね。

次に紹介する EnglishCentral の動画は、スタバのドライブスルーでの一幕です。こんなにあれこれカスタマイズ出来るようになれば、本当の STARBUCKS マニアですね。注文は、まさかのラップで始まります。Speak the Video の発音練習で、頑張ってラップ風に話してみましたが、なかなか口が上手く回らず、評価は B+ 止まりでした (笑)。

スクリーンショット 2014-10-05 19.04.28

動画を見る

スクリプトを見る

この 2 人のラップ調オーダーが終わった後の店員さんの反応がどうしても知りたくなるのですが、残念ながら動画はオーダーしたところで終わってしまいます。私が店員なら、同じようにラップで返しますけどね!

(Written by Kanako)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。