“Wanna” “Gonna” – To の省略について


【この表現に注目】

Wanna” & “Gonna

 

(【参考ビデオ】:オバマ大統領の学生への演説「アメリカの将来は君たち次第」

Obama-wanna

皆さんは英会話上の表現で “wanna” “gonna” “trynna” “gotta” といった省略表現を使い分けていますか?

EnglishCentral のビデオの中でもよく耳にする”wanna” は“want to” の省略形で、会話で使われる言い方です。(書き言葉ではないので、作文等を書くときに “I wanna be a doctor.”ではなく、”I want to be a doctor.”と書きましょう。)

この省略表現はどれだけ英会話に慣れているかを見るある種の指標にもなることがあります。フォーマルな場ではこの省略形を使って会話することはあまり好ましくありませんが、状況によりますが、”want to” “going to”ばかり言っていると、な〜んかawkwardに聞こえてしまう時が多々あるみたいです。

また、“gonna” は”going to”の省略形で、未来の予定などを表すときに使う表現です。例えば、”I’m gonna be fluent in English using EnglishCentral!” は「EnglishCentralを使って英語流暢になります!」ですね。

省略形は他にも・・・

  • “trynna” = “try to” の省略形(発音:トライナ)意味は「〜しようとする」
  • “gotta” = “got to” の省略形(発音:ガタ)意味は「〜しなければならない」

などがあり、”gotta”は会話以外でもよく使う表現で、友達とチャットや電話しているときでも “I gotta go.” というと「もう行かなくちゃ」という意味にもなって便利です。

(Written by Gen)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。