「結婚」と「若さ」の意外な関係


5月ももうすぐ終わり、じめじめした6月はすぐそこです。6月といえば June、June といえば…  June Bride …. June Bride といえば、結婚式。少し乱暴な連想ゲームでしたが、6月の通常じめじめしたこの季節に結婚式をあげることがなぜ人気で幸先の良い幸せなことなのでしょうか?

“June Bride”「6月の花嫁」という意味で、農作業のため結婚解禁の月が6月であったり、女神様の名前であったり、6月に結婚式をあげることがハッピーなことだというその由来はヨーロッパに端を発します。また、ヨーロッパでは気候の良い6月ですが、じめじめした季節の日本で流行っている理由は、梅雨時期で売上が落ちる6月に「ジューンブライド」を流行らせて稼ごうというマーケティング戦略だという話もあります。

さて、このJune の語源になっている Juno というローマ神話に登場する女神をご存知でしょうか? 英語で「6月」である “June” はラテン語の “sacred to Juno” からきており、結婚生活を守護する女神ジュノにちなんで名付けられました。6月が Juno にちなんだ名前を付けられている理由は、6月の季節の良い時期のヨーロッパで結婚が多かった時期、もしくは当時の政治に関係しているのかもしれませんね。

さらにさらに、この Juno という女神の名前のもともとの意味は14世紀中頃には “the young one” という意味があり、語源として “young” (ラテン語: iuvenis) や “younger” (ラテン語: iunior)という意味もあります。この「若い」という意味から派生して、後の英単語である “Junior (年少者)” や “Juvenile (青少年の)” という言葉の語源にもなりました。”June” “Juno” と響きが似てますね。歴史から考えると、結婚 = 当時の農作業など生活を考えて若者がすべきもの、だったからなのでしょう。

現在の晩婚化を考えると、October Bride あたりがちょうどいいかもしれませんね。
ここで結婚についての動画を一つ…

What You Don’t Know about Marriage 1

Marriage     (Written by Gen)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。