3 つのステップで雑談を盛り上げよう 〜 続ける、伝える、語り合う


英語学校にまじめに行った、TOEIC のスコアも上がった、さぁ実践、海外から来た上司とのミーティング。あいさつは OK、プレゼンも何とか切り抜けた。やったー!あとは、パーティーを楽しむだけ! … と思いきや、えええ、会話が盛り上がらない!話が一往復ですぐ途切れる!まずい … つまらない人間だと思われたかな …。

「飲みニケーション」というと、日本の伝統文化のような言い方をされる時がありますが、海外でもランチやディナーを一緒にする機会は多く、そういった社交の場で人間関係が作られていくことは同じです。また、休憩時間や移動中などを含めると、本来の目的以外の時間の方が長い場合もあります。親密な人間関係を作る上で、オフの時間を楽しく過ごせるかどうかは、とても重要です。

ところが、small talk (雑談、世間話) は、仕事の会話と違ってトピックが広く、内容も個人に強く依存し、何よりスピーチなどと違って話す内容を事前に準備することが難しいため、「仕事以外の方が話せない」と苦労している方も多いのではないでしょうか?ましてや、日本語でも雑談があまり得意でない人にとっては、苦痛以外の何者でもありません。

EnglishCentral には、多種多様なビデオがあるため、その全てが small talk に役立つとも言えますが、本日はその中から、「続ける」「伝える」「語り合う」のステップに沿って、small talk の学習に役に立つビデオとコースを紹介します。

■ Step 1. 続ける

この「Keep the Conversation Going」というビデオでは、会話の続け方についての Tips が紹介されています。それは、「質問をする」ということ。そしてもう一つ、回答をする際にあることをすれば会話が続くと説明しています。さてそれは何でしょうか?この手法は簡単な割に効果が大きく、そして、日本語の場合でも使うことができます。

Keep Conversation Going

『”Do you have any strategies? What strategies can you suggest to keep a conversation going after you’ve met somebody, introduced yourself?” – “Well, after you meet somebody, I think that one important way to keep a conversation going is to ask questions and answer questions. And when you ask a question, when you answer a question, I always try to …”』

■ Step 2. 伝える

会話のテクニックをマスターしても、言いたいことの単語や表現がすぐに出なければ、会話が続かないことには変わりありません。意外と、身の回りにあるものの名詞、人間の行動を表す動詞、カジュアルな表現は知らなかったりします。「Conversation 1」というコースでは、日常会話にフォーカスして、色々なシーンの会話を学習することができます。

Conversation 1

  • Unit 1: Meeting People (人と会う)
  • Unit 2: Small Talk with Friends (友人との日常会話)
  • Unit 3: Recreation and Leisure (娯楽と余暇)
  • Unit 4: Hobbies and Free Time (趣味とフリータイム)
  • Unit 5: Meeting and Talking with Friends (友人との会話)
  • Unit 6: Taking Classes and Studying (クラスと勉強について話す)
  • Unit 7: Shopping (ショッピング)
  • Unit 8: Making Phone Calls (電話をかける)
  • Unit 9: Planning Vacations (休暇の計画)
  • Unit 10: Talking About Health and Abilities (健康や能力について話す)
  • Unit 11: Family, Money and Home (家族、お金、家)
  • Unit 12: Celebrations and Farewells (お祝いと別れ)

■ Step 3. 語り合う

もうひとつのコース「Conversation 2」というコースでは、意見の言い方や主張の仕方についての学習ができます。small talk とは言え、単なる情報交換で終わるのではなく、お互いの意見や想いをぶつけあって熱く語り合うことができれば楽しいですね。

ちなみに、この 2 つのコースには、spicus という韓国の会社の英語教材が使われています。スタジオ録音のため聴きとりやすい音声になっています。初級レベルの方でも取り組みやすいでしょう。と同時に、実際の会話と比べてきれいすぎる面もあるので、ここで基礎を学習したら、映画やインタビューのビデオで生の会話を使って学習しましょう。

Conversation 2

  • Unit 1 – 4: Expressing Your Opinions (意見を言う)
  • Unit 5 – 8: Summarizing Your Opinions (意見を要約する)
  • Unit 9 – 12: Defending Your Opinions (意見を主張する)

この GW に、海外旅行に行っている方も多いと思います。EnglishCentral で small talk を学習して、色々な国の人と雑談で盛り上がりましょう!え、今からじゃ遅いですか?では、来年の GW のために…。

(Written by Ryoichi, An EnglishCentral Fighter)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。