遊園地は「楽しい」ところ?


ferriswheel

『遊園地』は英語で amusement park。amusement は今は「楽しい、面白い」といったニュアンスがありますが、数百年前は “amuse” の意味は全く違っていました。

“amuse” は “amuser” という 中世のフランス語を起源とし、”to divert the attention, cause to muse” つまり「注意をそらす、黙想させる」という意味がもともとはありました。ちなみに、”amuser” は “a” (at, to) + “muser” (ponder 熟考する) という語幹から成っています。

さらに、18世紀には「注意をそらして、意識を別のことに集中させる」という意味から “deceive” や “cheat” (だます) という意味でも使われたそうです。中世では「楽しいこと」は「厳しい現実を忘れること」という後ろ向きな意味だったのかもしれません。(1つの単語から歴史や文化に派生して思いを馳せることができるのが、語源 – etymology の良いところです)

確かに遊園地は現実を忘れさせてくれる楽しい不思議な空間なのですが、この語源を知ってこれから少し遊園地の見方が変わりそうです・・。

(出典: amuse)

冒頭の画像は 遊園地を代表する『観覧車』
観覧車は「 Ferris さんが作った車輪」ということで、英語では ferris wheel と呼ばれています。

他にも遊園地にはアトラクションがたくさんあります。

  • メリーゴーランド – merry-go-round (フランスでは carousel)
  • ローラーコースター – roller coaster 
  • 回転ブランコ – swing ride (ブランコは英語で swing といいます)
  • お化け屋敷 – haunted house
  • コーヒーカップ – teacups

ちなみに、遊園地の乗り物全般を単に “ride” と呼んだりもします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。