Verbal Filler とは?


“verbal filler”という言葉をご存知ですか?日本語でいうと「発話埋め合わせ」で、「えっとー」「えー」「あのー」「あー」等にあたります。日本語でスピーチをする時この発話埋め合わせがあると、スピーチが冗長になり、聞いている側の苦痛にもなる場合があります。

英語での”verbal filler” はたくさんあり、”eh“, “uh” の他にも、”like“, “I mean“, “you know“,”so“, “well” 等があります。

人はスピーチの最中にverbal fillerを無意識に言ってしまいがちで、ないと不安になります。英会話に慣れていない私たち日本人は英語でスピーチ(普通の会話の時でも)をするときは “uh”と言ってしまいがちです。ですがそこはいったん間をおいてみてください。少しの沈黙が嫌なら”I don’t know how to say it.. Just a second.” 「何て言ったらいいのかな・・ちょっと待って」と言う方が会話としてそれらしく聞こえるかもしれませんね。

英語の名スピーチから学んでみましょう!


2009年、東京でのオバマ大統領の演説

スクリーンショット 2013-09-16 17.11.00

他にもオバマ大統領の動画がいっぱいあります。

—–

スティーブ・ジョブス:何が本当に大切か?

スクリーンショット 2013-09-16 17.13.36


ジョブズの動画
ももっとありまっせ。

—–

peninsula ….. 半島

setback ….. 妨げ

struggle ….. 奮闘

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。