学校での活用例 ①


EnglishCentral は、大学や高校、中学、小学校でも広く利用されているe-Learningサービスで、主に「学校の外で自発的に、より多く英語に触れさせる」「発話練習ができる」ということに定評があります。

学校での授業や課題としてのご利用方法をイメージしやすいように、色んな学校での活用方法をここでご紹介させていただきます。

Case 1 … 立命館大学

先生の声

立命館大学 経営学部 教授    塩見 佳代子先生

“EnglishCentral を今年度からクラスに導入しました。 大変興味深く楽しく学習でき、英語の発話練習にも 役立つプログラムで、学生にも好評です。”

EnglishCentral には一般会話、ニュースやスピーチ、アカデミックな レクチャーやビジネス情報、映画予告編などがあり、学生は興味ある トピックを自分のペースで視聴することができます。

スピーチは部分的なものが掲載されているので、興味がある学生 にはオリジナルのものを後で視聴するようにサイトを紹介します。 また、あらかじめ割り当てたスピーチの暗唱を課題にして、皆の前で スピーチをしたり、各自ボイスレコーダーに録音して提出させたりします。

発音に関しては、教員が学生の発音を聞くことができ全員の苦手な 発音を表示できる頁があるので、発音しにくい音をクラスで確認し、 一斉に発音練習をしたり個別指導したりします。

課題として1学期10週分の学習記録を書く冊子を作り、視聴した 動画のタイトルや単語、コメントなどを記録し提出させましたが、 学生が毎週少しずつ学習を継続していく上で役立ったと思います。

ritsumeikan

学生の声

発音に関しては、最初はなかなか いいポイントが得られず嫌になった こともありましたが、最近はGood!や Very Good!が時々出るようになった ので嬉しくなり楽しいと感じられる ようになりました。スピーキングでは ずっとB+しか出なくてがっかり したところにA+が出て来て 嬉しかったです。

パソコンで動画を見ながら英語ができるスタイルがとてもいい と思いました。一つ一つのビデオが独立した形なので、暇がある 時に気楽に視聴できるのも魅力の一つだと思います。そして、 どんどん進んでいくサクサク感がたまりません。また自分の 進行状況が見られるので、やる気がでます。

 

EnglishCentralの学校でのご利用にご興味のある方は、こちらからお気軽にお問い合わせください。詳細なご説明や、トライアルをサポートさせていただきます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。