日経BizアカデミーにてEnglishCentralが紹介されました

NikkeiBiz

日経Bizアカデミーにて『いつでもどこでもスキルアップ!モバイル英語学習術』というテーマでEnglishCentralを紹介していただきました!

日経Bizアカデミー記事リンク:

http://special.nikkeibp.co.jp/as/201407/panasonic_seminar/english.html

世界中の人に発話の機会提供をするEnglishCentral:一年半で200%達成

お知らせ

世界中の人に発話の機会提供をするEnglishCentral:一年半で200%達成

~発話された時間の累計200万時間達成~

2MHours-v2

株式会社EnglishCentral (読み: イングリッシュセントラル 本社: 東京都台東区、代表取締役: 松村 弘典) のオンライン英語学習サービス『EnglishCentral』の発音練習200万時間分に相当する録音数が2億フレーズを突破しました(※)。2013年1月からわずか18ヶ月で1億回を記録しており、創業から2013年1月までの間の約4年で蓄積された1億回の倍以上の加速的な伸びを見せています。

発話機能は24時間365日予約不要で思い立った時に動画のフレーズに合わせて発音し、より自然な発音と会話力を身につける機能であり、EnglishCentralの中で最も利用されている機能の中の一つです。録音数が増えれば増えるだけ母国語集団の発音のクセをより正確に学習者にアドバイスすることが可能になります。

このたびの達成を受け代表取締役社長の松村弘典は以下のように述べています。

「自信をもって大きな声で明瞭に発話することがコミュニケーションの第一歩。いつでもどこでも予約なしで気軽に発話練習ができるEnglishCentralの発音診断機能が、ここまでたくさんの方々にご好評頂けていることとても嬉しく思います。音読することで耳と意識を働かせる、ということは会話の必要有無にかかわらず非常に効果的な学習方法です。潤沢なインプットとアウトプットで実践的に鍛えてゆく私たちのメソッドを活用すれば、従来のやり方でうまくゆかなかった方々にもきっとご満足いただけるのではないかと思います。」

※10フレーズ発話するごとに約0.1時間分の発話練習に換算(EnglishCentral調べ)

EnglishCentralは、2009年の開始から現在までに100万人を超える世界中のユーザーに生きた本物の英語学習を提供しているオンラインの英語学習サービスです。スピーキングの練習や、動画を使った飽きのこないリアルな学習素材を特徴としています。既に数多くの企業と大学が授業や研修などに活用しており、NTTやNHKとの協業、公教育への技術提供なども行っています。

■このお知らせに関するお問い合わせ:
株式会社 EnglishCentral 広報担当
Tel: 050-3802-3236
E-mail: info@englishcentral.com

プレスリリース記事 (PDF ファイル:PressRelease200millionutterances)
EnglishCentral についての関連資料 (EnglishCentral について)

イオンクレジット会員誌『mom』に掲載されました

イオンクレジット会員誌『mom』
イオンクレジット会員誌『mom』の8月号に掲載されました。『インターネット活用術』というテーマでEnglishCentral をオススメ英語学習ツールとしてご紹介していただきました。

“Wanna” “Gonna” – To の省略について

【この表現に注目】

Wanna” & “Gonna

 

(【参考ビデオ】:オバマ大統領の学生への演説「アメリカの将来は君たち次第」

Obama-wanna

皆さんは英会話上の表現で “wanna” “gonna” “trynna” “gotta” といった省略表現を使い分けていますか?

[Read more...]

マニラで働く日本人スタッフ募集【EnglishCentral】

EnglishCentralから、スタッフ募集のご案内です!

EnglishCentralは、日本・フィリピン・米国・韓国・中国などに拠点をもち、100カ国以上で利用されているサービスを展開するグローバル教育企業です。

http:///ja.englishcentral.com

  現在、マニラ(フィリピン)にある開発・サポート拠点にて、現地スタッフと日本拠点とのコミュニケーションを取り持っていただける仲間を募集しています。   すでにマニラ在住の方はもちろん、日本や海外にお住まいの方のご応募もお待ちしております。 興味をもたれた方は、まずは記事下部の応募フォームから気軽に連絡いただければと思います。   ご質問はyousuke.imai@englishcentral.com(担当: 今井)までお気軽にお問い合わせください。

 

募集の内容

募集要項

仕事内容

日本でのサービス運営について、主に以下の内容をお願いします。

・カスタマーサポート

・テレマーケティング

・日本向けサイトの品質チェック

業務内容については日本人スタッフがしっかりとサポートいたします。

応募資格

・日本語で正しい敬語が使え、簡単でわかりやすい文章を書けること

・英語で現地スタッフとコミュニケーションが行えること

・メール、ブラウザ、ワード、エクセルなどの基礎的なPCスキルを持っていること

以下の経験のある方は特に歓迎いたします(必須ではありません)。

・テレマーケティングや電話営業の業務経験

・カスタマーサポートの業務経験

勤務地

Jolibee Plaza, Ortigas, Pasig City, Manila

勤務時間

応相談

雇用形態

パートタイム又は正社員

待遇・福利厚生

個々の状況に応じて相談させて頂きます。

給与

現地通貨60,000ペソ~、能力に応じて相談させていただきます。

休日・休暇

週休2日

会社概要

企業名

EnglishCentral, Inc

設立

2009/09/14

代表

Alan Schwartz

本社所在地

5 Water Street Arlington, MA 02476

事業内容

オンライン英語学習サイト『EnglishCentral』の開発と運営

応募方法

応募方法

下の応募フォームよりご連絡ください

お問い合わせ先

担当者 : 採用担当者 今井 (いまい)

メールアドレス : yousuke.imai@englishcentral.com (こちらは問い合わせ専用です。ご応募は下記からお願いします。)

 

ご応募はこちらから!  

  ご質問はyousuke.imai@englishcentral.comでも受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

「結婚」と「若さ」の意外な関係

5月ももうすぐ終わり、じめじめした6月はすぐそこです。6月といえば June、June といえば…  June Bride …. June Bride といえば、結婚式。少し乱暴な連想ゲームでしたが、6月の通常じめじめしたこの季節に結婚式をあげることがなぜ人気で幸先の良い幸せなことなのでしょうか?

[Read more...]

あなたが熱中していることは何ですか?

何気ない会話の中で、偶然にも趣味や好みが一致した時の盛り上がり方は半端ではないですよね。私も、先日、パーティの席で、偶然同じテーブルに座った人と好きな映画や映画監督が同じことが分かり、話がとても盛り上がりました。

自分の好きなことを話すのは楽しいですが、何がどう楽しいのかが聞き手に上手く伝わらないと、意外と話が広がらなかったり、逆に相手にいい印象が残らなかったりします。自己満足を一方的に押し付けるのでなく、相手に伝わる話し方をしたいですね。そして、相手が「面白そう!自分もやってみたい!もっと話を聞かせて!」と思えば、プライベートでの交流が広がったり、仕事上の人間関係がよくなったりして、楽しいですよね。

さて、本日は、アメリカを拠点とする通信事業者 AT&T 社が、アメリカの若者にライフスタイルについてインタビューをしたビデオをご紹介します。これは、同社の The Mobile Movement というキャンペーンの一環として行っている、Nice To Meet You: The Young Americans というビデオシリーズです。ビデオの中では、10〜20 代のアメリカ在住の人たちが、ファッション、アート、音楽など様々なジャンルに関して、自分の想いを楽しそうに語っています。

Fashion is a Cool Thing

Fashion Is a Cool Thing

「I’m born and raised in LA. I’m 19. I’m working, I’m not going to college. It’s a big choice to make, but I’m satisfied with it. I’m working for a fashion company and I’m doing celebrity PR for them…」

Always with My Camera

Always with My Camera

「Hi! I’m 25. I live in Los Angeles. I like to take photos, travel, ride my bike. I’m constantly shooting. I make zines. I’m always going to shows.I like to go to the museum… 」

My Violin is My Best Friend

My Violin is My Best Friend

「I played piano when I was four until I was 18 and then I started violin, and it’s a really beautiful way to express passion and it’s a great communicator. I think it’s probably the closest instrument you can get to sounding like the human voice…」

いかがでしたか?The Young Americans のパッションを感じましたか?EnglishCentral には、他にもこのシリーズのビデオがいくつかありますので、探してみてください。

ちなみに、私と、もう一人のライターの EnglishCentral の Gen さんは写真撮影が好きなのですが、二人が、写真に対するパッションを英語でうまく伝えられるかどうかは定かではありません:)。

(Written by Ryoichi, An EnglishCentral Fighter)

Devil’s Advocate – あなたは悪魔の代弁者?

devil's advocate
『…または、わざと反対の意見を述べて、考えていることとは逆のことを言ったりします。』
“…or they’ll be the devil’s advocate, and they’ll say the opposite that they’re thinking.”
 

我々からみればすごくマイナーな表現ですが、英語マニアのあなたなら必ず知っている?この言葉・・・ “Devil’s Advocate” をご存知でしょうか?知っていたらニヤリとしましょう。

[Read more...]

祭りから学ぶその土地の文化

先週末、東京・浅草で三社祭が盛大に開催されました。私は、神輿を担ぐ友人を見るために、土曜、日曜の 2 日間浅草に足を運びました。幸いにも、最高の天気に恵まれ、心身ともに「熱い」祭りを満喫することができました。今では、インターネットを通じて、色々なイベントをライブで見られるようになりましたが、やはり、本当の迫力や祭りに携わる人達の熱い想いは、その場に行って肌で感じるのが一番ですね。

さて、今日は、日本のお祭りシーズンの開幕にちなんで、海外の祭りに関するビデオをご紹介します。

■ La Tomatina (スペイン)

最初は、皆様ご存知のスペインのトマト祭りです。正式名は、La Tomatina (ラ・トマティーナ) です。La Tomatina は、毎年 8 月の最終水曜日に、スペイン バレンシア州のブニョールという街で開催されます。祭りの期間は、国内外から街の人口以上の人が集まり、熟したトマトをぶつけ合います。ちなみに、危険防止のために「トマトは握りつぶしてから投げなければならない」というルールがあります。詳しくは、こちらのビデオ「A Tomato Fight in Spain」をご覧ください。ちなみに、La Tomatina は、危険という理由で、過去に何度か中止されました。それでも、住民の熱い想いによって復活したという経緯があります。

La Tomatina

Spain is famous for flamenco, the Pamplona bull running and bull fighting, but what may be less known is that the world’s biggest food fight is held in Buñol, near Valencia, on the last Wednesday of every August. 30,000 people attend the festival called “Tomatina” to throw about 250,000 pounds of tomatoes at each other.

■ Oktoberfest (ドイツ)

次は、こちらも有名なお祭り、ドイツの Oktoberfest (オクトーバーフェスト) です。今では、日本でもオクトバーフェストと題するイベントが開催されているので、私たち日本人にとっても馴染みがありますね。オクトーバフェストは、毎年、9 月下旬から 10 月にかけて、ビールの醸造シーズンの開幕を祝い、ドイツ バイエルン州の州都ミュンヘンで開催されます。その起源は、1810 年、当時の皇太子ルードヴィヒと、ザクセン皇女の結婚式を多くのミュンヘン市民が祝ったこととされています。こちらのビデオ「Oktoberfest Celebrates Beer and Bavaria」では、多くの人達がビールやソーセージを楽しむ様子や、伝統衣装、ライブイベントなどが紹介されています。

Oktoberfest

Held in Munich, Germany each year between late September and the beginning of October, Oktoberfest is one of the country’s most prominent events. Munich is located in Bavaria which is a state in Germany. With roughly six million visitors to this festival annually, the beer halls and tents of the city are filled to the brim with people from all across the globe…

余談ですが、4/7 のブログ記事「羽田国際線で行く海外 (1) 〜 ミュンヘン」でミュンヘンのビデオを紹介した際、読者の方から「オクトーバーフェストを取り上げないの?」というコメントをいただいていましたので、遅ればせながらリクエストにお応えできました :-)。

■ Cheese Rolling (イギリス)

最後は、ちょっと変わったお祭りを紹介します。イギリス グロスターシャーのブロックワースという街で行われる、Cheese Rolling という祭りです。その起源は 1800 年代までさかのぼります。まずは、こちらのビデオ『Wacky Festivals』をご覧ください。「変わった (イカれた) 祭り」というタイトルどおり、その内容は凄まじく、丘の上から丸いチーズを転がしてそれを全員で追いかけるというものです。そして、一番早く下に到着した (転げ落ちた?) 人が優勝!ビデオでは、チーズの転がるスピードや優勝者のインタビューが紹介されています。毎年、転倒してけが人が出るそうですが、中止するどころか安全対策をしながら開催が継続されています。危険な祭りほど熱くなるというのは、どの国も同じですね。

Cheese Rolling

『Cheese rolling has been a tradition in the town of Brockworth since the early 1800s. First, the competitors come together at the top of Cooper’s Hill and wait. Then, someone pushes a very large wheel of cheese down the steep slope…』

いかがでしたでしょうか?海外には、日本では考えられないような様々な種類の祭りや伝統行事があります。そして、その裏側にはその土地の歴史、文化、住んでいる人の想いがあります。祭りを通じて、異文化を学んでみるのも面白いかもしれません。

(Written by Ryoichi, An EnglishCentral Fighter)

 

 

母の日に知る – “mother” と家族の歴史

皆さんご存知の通り5月11日は「母の日」 改めて母の偉大さ、家族の有り難さを感じる一日です。巷では “Family” とは “F-A-M-ILY” – “Father” “And” “Mother” “ily (I Love You)” が語源だとか言葉遊びが出回ったこともありますが、語源としての”Family” は現代の「親と子供」という意味では全くなく、”servants of a household” つまり「所帯の中の召使い」という意味であり、ラテン語の Famulus に端を発します。古の家族の有り様と現代との違いに言葉だけではない文化の歴史が垣間見えます。このようにそもそも「家族 (Family) 」とは何か語源的には何かを考えると、今とは違う「家族」の中の自分の役割が見えてきそうです。

(出典:Online Etymology Dictionary)

[Read more...]

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。