EnglishCentralのオンライン英語学習「ラングリッチ動画ドリル」が ソースネクストから12月9日に発売開始

スクリーンショット 2015-12-08 21.06.56

株式会社EnglishCentral(本社:米国マサチューセッツ州、日本法人:東京都台東区、日本法人代表取締役:松村弘典)はソースネクスト株式会社(本社:東京都港区虎ノ門 3-8-21 虎ノ門 33 森ビル 6F 代表取締役社長:松田 憲幸)との業務提携契約を締結し、同社オンライン英会話「ラングリッチ動画ドリル」をソースネクストeShopから12月9日付で販売開始致します。

ソースネクスト株式会社は1200万人の顧客を持ち、2014年パソコンソフト販売本数は6分野でNo. 1シェア、全国量販店のPOSデータを元にしたパソコン関連・デジタル家電関連製品の年間販売台数第1位のベンダーを表彰するBCNアワードでも2015年に3部門で入賞しています。

ラングリッチ動画ドリルはオンラインで自主学習からマンツーマンレッスンまで受けることの出来る英語学習サービスで、パソコンとスマートフォンの両方からご利用いただけます。

EnglishCentralでは引き続きユーザーの皆様の英語力向上に100%コミットするべく、ひとりひとりに合った、英語を話せるようになる製品を開発し提供を行ってまいります。

ラングリッチ動画ドリルはこちらから

EnglishCentralが第12回日本e-Learning大賞「総務大臣賞」を受賞しました

総務大臣賞

この度EnglishCentralは、第12回 日本e-Learning大賞(主催:eラーニングアワードフォーラム実行委員会 / フジサンケイビジネスアイ)において「総務大臣賞」を受賞しました。また、代表の松村がe-learningアワードフォーラムにて、受賞者講演をさせていただきました。

「日本e-Learning大賞」とは、企業・自治体・団体におけるeラーニングを用いた生産コストダウン・生産性向上・業務改革、また学校・個人においては新しい学習の可能性・学力向上に役立つさまざまなコンテンツ・ サービス、ならびにソリューションを表彰する賞です。今年度は、111件の応募作品の中で、弊社サービスが総務大臣賞を受賞することとなりました。

従来のオンライン英会話とは違い、豊富な自習用動画教材とプロの講師たちによるオンライン英会話レッスンにより、学習の動機、学習内容、会話の内容を一貫して提供していることや、音声認識技術による発音のリアルタイム診断や自動的に記録・管理される英単語帳など、テクノロジーを英語学習に効果的に活用しているが評価されました。

今後も皆様によりよい英語学習体験を提供できるよう尽力してまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

「日本e-Learning大賞」webサイトはこちら
■イングリッシュセントラル会社概要
会社名  :株式会社EnglishCentral
サイト  :http://ja.englishcentral.com
住所   :東京都台東区花川戸1-2-10 ハヤカワビル4F
代表取締役:松村 弘典

■このお知らせに関するお問い合わせ:
株式会社 EnglishCentral PR担当: 横井
Tel: 050-3802-3236
E-mail: info@englishcentral.com

会員数200万人の外資系英会話大手が国内主要オンライン英会話企業を統合 国内を飛び越えた、世界有数のオンライン英会話サービスの誕生

英語学習サイト『EnglishCentral』を提供するイングリッシュセントラル(本社: 米国マサチューセッツ州、日本法人:東京都台東区、日本法人代表取締役: 松村 弘典)は、オンライン英会話サービスを提供するラングリッチ(本社:シンガポール、日本法人代表取締役:安藤航)と事業統合しました。これによりラングリッチは200万人の学習者にオンラインレッスンを提供する世界有数のサービスとなりました。Google Venturesを始めとした著名ベンチャーキャピタルから投資を受けた米国発ベンチャーが日本発の大手ベンチャーを吸収合併するという、国内でも稀なケースとなっています。

ECxLR


事業統合の目的及び今後の展望
[Read more…]

関西学院大学とトロント大学からインターン生が来ました!

ECInterns_201509

8月後半から9月初旬までの約2週間の間、EnglishCentral に大学での正式なインターンプログラムとして、関西学院大学とトロント大学から一人ずつインターン生が参加してくれました!

今回のプログラムは、関西学院大学の Cross Cultural College という「大学の世界展開力強化事業」の採択プログラムの一環として行われました。
[Read more…]

日本では伝統と現代が上手く共存している?

“When in Rome, do what the Romans do”

「郷に入っては郷に従え」

 

とはよく耳にする言葉ですが果たして、 今の日本ではどの様に解釈すれば良いのでしょう?

以前海外の友人から「日本では伝統とが上手く共存していると聞きました。

ここEnglish Central オフィスがある東京都台東区には浅草寺という歴史のあるお寺があります。その歴史は14前年近くまで遡り、現在では東京都内最古の寺として、「浅草観音」等と人々に親しまれています。そんな浅草寺の直ぐ近くには、隅田川を挟み対角には、世界一高い電波塔である東京スカイツリーがそびえ立ちます。

 

今回紹介するビデオは、この様にまさに『日本の伝統と現代の調和』が眼で見て感じられるはずです!

 

浅草寺と東京スカイツリーを繋ぐように架かる橋、その上を走るRickshaw(人力車)に乗る外国人観光客は何を感じているのだろう?

あなたは今の日本をどう解釈しますか?

 

 

http://ja.englishcentral.com/video/24737

http://ja.englishcentral.com/video/24736

Featured video: our world in 2030

Our world in 2030

You’ve probably seen movies like The Day After Tomorrow, 2012 and plenty of other catastrophic movies.  You’ve seen our dear earth destroyed again and again in different future time frames, and not to mention in different ways.

But honestly, what will happen in the future?

Space colonies that’re light years from earth, robot doctors with freaking real human look, or flying cars that are dominating the sky?

Maybe we are not there yet, though they definitely will make some popular topics.

Setting the future technology aside, scientists have nonetheless predicted that our world will change more in the next 20 years compared to all of human’s history: our lifestyle will change. Skyscrapers will replace trees that once dared to reach the sky. Most of us will live in cities and lead a sedentary life. We could become couch potatoes rooted in our home or office and stay there until we rot.

Fortunately, all these are just predictions. We can still mould our future.

Are we ready for this battle?

月間5千万の訪問者を誇るブラジル最大ポータルサイトと業務提携 – オンライン英語学習イングリッシュセントラルがブラジル市場で事業拡大

プレスリリース本文(PDF)

EnglishCentralについて(PDF)

オンライン英語学習サイト『EnglishCentral』を提供するイングリッシュセントラル(本社: 東京都台東区、代表取締役: 松村 弘典)はこのたび、ブラジル市場でのさらなる事業拡大のために、ブラジル最大のポータルサイト、ウニヴェルソ・オンライン(以下UOL)とパートナーシップを結んだことをご報告いたします。

イングリッシュセントラルは2012年にブラジル市場に参入以降、南アメリカ最大規模のオンライン英語学習サイトとのパートナーシップや8つの大学での採用を通じて、10万人のユーザーにEnglishCentralを提供してまいりました。

[Read more…]

Hobbit の言葉

(この記事は、EnglishCentral 英語版ブログに寄稿している James Alvis Carpenter さんの記事を、日本語版ブログのライター Ryoichi さんが日本語に翻訳したものです。)

JRR Tolkien (以下、トールキン) の本「The Lord of the Rings」は、近年のカルチャーに大きな影響を与えました。

ファンタジーの分野全体が、彼が創りだした世界の恩恵を大きく受けています。ハリーポッターシリーズからビデオゲームのドラゴンクエストまで、有名な物語はトールキンの作品の影響を受けてきました。

「The Hobbit」は、トールキンが最初に出版した本です。「The Lord of the Rings」に比べて薄い本で、ビルボ・バギンズという名の Hobbit の冒険に焦点を当てています。さて、Hobbit とは何か分かりますか?私が 7 歳の時、父は私に「The Hobbit」を読んでくれました。Hobbit は子供くらいの大きさの小人ですが、大きなことを成し遂げるのです。私は子供ながらに、このキャラクターに魅力を感じました。 [Read more…]

LとRの違いまでわかる!発音のリアルタイム採点を使って苦手な英語発音を克服 − 言語習得教授法がつまったスマホ学習アプリで「生きた、本物の」英語を学習

プレスリリース本文(PDF)

EnglishCentralについて(PDF)

イングリッシュセントラル(本社: 東京都台東区、代表取締役: 松村 弘典)は、オンライン英語学習サイト『EnglishCentral』のスマホ版アプリに、これまでお客様からのご要望がとても高かった発音記号単位でのリアルタイム発音採点機能を追加しました。


EnglishCentral20150430

[Read more…]

schoo(スクー)とイングリッシュセントラル、オンライン学習サービス同士のコンテンツ連携 【授業から復習までインタラクティブなTOEIC対策コースを新設】

プレスリリース本文(PDF)

EnglishCentralについて(PDF)

このたび、オンライン学習サイトschoo(スクー) WEB-campusにおけるTOEIC対策コースの新設にあたり、世界200カ国100万人以上のユーザー数を誇る英語学習サイトを運営するイングリッシュセントラル(本社: 東京都台東区、代表取締役: 松村 弘典)の英語学習動画コンテンツがメインの教材として選ばれました。生放送で開講されるスクーの授業から、イングリッシュセントラルのサイトを活用した復習まで、オンライン学習サービス同士の連携にふさわしいインタラクティブな仕組みが随所に用意されています。

コースの概要

https-::s3-ap-northeast-1.amazonaws.com:i.schoo:images:class:600x260:2166

(画像:TOEIC対策コースのイメージ)

 

コース名:目指せTOEICリスニング満点!ビジネス会話で3ヶ月シャドーイング

講師:「英語学習コーチ」谷口恵子(タニケイ) 氏

期間:4月2日(木)から6月18日(木)まで週1回

費用:無料

URL:https://schoo.jp/course/180

※ 授業を受講いただくには、スクーの会員登録(無料)が必要です

[Read more…]

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。